青年部活動

高石・和泉・泉大津YEG合同例会

2009-0313-07泉大津YEG札野会長挨拶 2009-0313-08防災アドバイザー・防災システム研究所所長 山村 武彦 氏

平成21年3月11日(水)18時30分~22時ホテルサンルート関空にて高石・和泉・泉大津YEG合同例会が53名参加にて開催されました。
テーマ 「大地震 その時どうする!」~わが家と地域の安全~
講 師 防災アドバイザー・防災システム研究所所長 山村 武彦 氏

今年度の幹事である泉大津YEG札野会長の挨拶の後、講師紹介が行われ講演に移った。
大地震が起こった際に、被災地の人に対して掛ける言葉に「頑張ってください」や「無事でいてくれてありがとう」があるが言葉の意味の中に人の心遣いがあるので、違いを理解しなければならない。
また、小さな揺れでも防災訓練だと思って行動しなければならない等の講演がなされた。
続いて、懇親会へと移動し各単会次年度会長等の紹介が行われ互いに懇親が深められました。

第一回 三青会合同例会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

平成20年度 大阪府商工会議所青年部連合会
第1回  三青会合同例会

本年度より府青連中ブロック(北大阪YEG・守口門真YEG・八尾YEG)合同例会の呼称を三青会として、第一回三青会を平成21年2月23日(月)にひらかた仙亭において開催されました。

北大阪YEG 42名、守口門真YEG 23名、八尾YEG 35名  合計100名の会員が参加されました。

第1部 合同例会では北大阪YEG 仲本会長の挨拶のあと、講師の讀賣テレビ 放送報道局次長の辛坊 治郎 氏が 『どうなる日本 ~明日を見通すために必要な事~』というテーマで講演されました。

講演の中で辛坊氏は、数々の偽装事件やクレーム処理・政局について例を挙げ、『お客様や世論の声にヒントがある。
常識の壁を越えればそこにチャンスがある。最高の結果を目指し、最悪の事態に備えることが大事。』と言われました。

また、第2部 懇親会は府青連次年度会長予定者の北口准一君の挨拶のあと、近畿ブロック商工会議所青年部連合会次年度会長予定者の飯田寛光君の乾杯の発声で開会しました。3単会の会員が互いに交流を深め、場が盛りあった頃に各単会紹介が行われ、平成21年度近畿ブロック大会 八尾大会のPRも行われました。

和泉YEG 創立15周年記念式典

2009-0313-01 2009-0313-02

2009-0313-03 

 

平成21年2月22日(日)和泉商工会議所青年部 創立15周年記念式典ならびに記念祝賀会がハイアット・リージェンシー・オオサカ(大阪市住之江区)において開催されました。
記念式典では庄司会長が『昨年来、日本の中小零細企業にとって非常に厳しい状況であるが、我々はこんなときだからこそより団結し、向上心を持って発展していくことにより、地域も元気になると確信している。諸先輩方がすばらしい歴史と伝統を築かれた和泉YEGは、どんな変化にも対応して進化していきたい。』と決意を述べられました。

その後、来賓として大阪府商工労働部 商工振興室経営支援課課長 児島和彦様・和泉市長 井坂善行様・和泉商工会議所会頭 岸脇淳介様・近畿ブロック商工会議所青年部連合会副会長 林 和利君が祝辞を述べられました。

祝賀会はヴァイオリン・琴・十七絃による和洋合奏で開会し、庄司会長の挨拶・歴代会長紹介とつづき、大阪府商工会議所青年部連合会会長予定者 北口准一君の乾杯の発声で祝宴がスタートしました。その後クレイジー ペッパーズ ゴスペルファミリーやチアリーディング ジャンプスによるアトラクションで盛会のうちにお開きとなりました。

大阪北地域合同例会

2009-0327-01

平成21年2月18日府青連大阪北地域合同例会が、箕面観光ホテルで開催されました。テーマは、「即、実践で役に立つ極意を伝える」で、ビジネス交流会としてワークショップ形式をとり、7~8名のテーブルごとに共同出資者として「たこ焼きや」を起業するまでを行いました。
どのような企業形態をとって経営していくか設計書を作りました。リーズナブルな値段で学校の近くで販売する案や深夜高額で歓楽街で売る案などさまざまでした。プレゼン後、投票し優秀グループを決めました。
その後、会場を移し、懇親会を行い箕面、吹田YEG会員同士の友情を深めました。

八尾YEG創立20周年記念式典

 2009-0220-02

2009-0220-03 2009-0220-04

2009-0220-05 2009-0220-06

2009-0220-07 2009-0220-08

平成21年1月17日(土)八尾市文化会館プリズムホールにて八尾商工会議所青年部創立20周年記念式典が開催されました。

第1部では、府青連総務広報委員長でもある江口一郎会長がまず挨拶され、20周年を迎えた感謝の気持ちと突然訪れた不況を乗り切る決意、また、来年八尾YEG主管で行われる近畿ブロック大会に向けてより一層の応援をお願いされました。続いて、八尾商工会議所 会頭 塚谷俊介氏、八尾市長田中誠太氏、近畿ブロック商工会議所青年部連合会 会長 大浦 崇君、府青連会長 北野治義君らが順次祝辞を述べられました。
そして歴代会長OB紹介、祝電披露があり、その後創立から20年の歩みがスライド上映されました。

第2部では、大和ハウス工業(株)代表取締役会長 樋口武男氏の記念講演会が開かれました。テーマは、「熱湯経営」~夢を抱いてチャレンジする熱き心~でした。
大和ハウス工業創業時のパイプハウス事業から始まった、ユーザーに求められるものを先取りして考え出し提供していくというチャレンジ精神が大事だという長年の経営方針や、ぬるま湯に浸り経営危機にあったグループ会社を立て直した熱湯経営について話されました。

第3部は、和やかな記念祝賀会でした。八尾YEG顧問佐郷隆司氏の乾杯があり、20周年担当副会長こだわりの料理が振舞われました。舞台では、女性ボーカルグループによる演奏が行われ大いに盛り上がりました。招待された府青連の理事役員全員八尾YEGの会員の心を込めたおもてなしに感銘を受けました。

MORI-KADOグルメフェスタ2007

12月2日(日)京阪守口市駅京阪百貨店前のカナディアンスクエアにおいて『MORI-KADOグルメフェスタ2007』を開催しました。
守口市・門真市のおいしいと評判のお店15店に出店いただき、当日は天候にも恵まれ約2,000名と多くの方に来場いただきました。
今回の事業は「食」を通じて、地元の方だけでなく広く近隣都市の方々にもお越し戴き、守口市・門真市の良さを知ってもらい、リピーターになって戴くことが街の活性化に繋がると確信し実施したものです。
われわれ守口門真商工会議所青年部にとって新規事業であり、今年度最大の事業でした。
事前の打ち合わせ、各関係団体との調整等大変でしたが、大きな目標に向かって青年部員一同、心を一つにして行動できたことが成功裏に終了できた原動力であったと思います。
ご協力いただきました皆様にはこの場をお借りして御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

2008-0110-01 2008-0110-02

2008-0110-03

府青連ボーリング大会・大忘年会

11月20日(木)に恒例となっている府青連ボウリング大会が千日前ボウルで開催されました。約100名の参加がありました。
ボウリング大会では、各単会バラバラの3人が一組になり、スポーツを通じて交流を深めました。今年は、自分の倒すピンの数をあらかじめ申告して投球し、その数になるかを試みるゲームも行いました。
その後場所を変え、味園にて大忘年会が開催されました。北野会長の挨拶のあと、松竹芸能の若手芸人によるショーが始まりました。
女性タレント4人によるダンスや、若手漫才師による小ネタ集など楽しい時間でした。半年間の出向で知り合いになったもの同士話も弾んでいました。
各単会のPRの時間では、八尾YEGから来年度の近畿ブロック大会の案内がありました。
最後に、北口次年度府青連会長が大阪締めで大忘年会を締めくくりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成20年度臨時理事総会

去る平成20年10月23日(木)午後6時より道頓堀ホテルにおいて、平成20年度臨時理事総会が開催されました。
当日の出席者は31名(委任状提出者3名)で、次年度大阪府商工会議所青年部連合会会長に北大阪YEG北口准一君、次年度日本YEG理事出向者には和泉YEG宇野洋一郎君が選任されました。
また、規約変更案や役員選任規程案も上程され、全会一致で承認されました。
次年度府青連会長予定者の北口准一君より、『平成21年度大阪府青連として「つながり」を大切にしていきたい。メンバーと一緒に一人でも多くの方に府青連事業に参加をしてもらいたいと考えている。』との挨拶があり、日本YEG理事出向予定者の宇野洋一郎君は『大阪府青連に求められていることは、今までよりも太い日本YEGと単会とのつながりを作ることである。そういったつながりを築き、いずれはメンバーが日本YEGに出向しやすくなるようにしたい。

また今後は日本YEGの活動をわかりやすく府青連に持ち帰り、府青連の意見を日本YEGに伝えていきたい来年度は近畿ブロック大会八尾大会が控えている。
府青連としても一人でも多く登録をし、協力をすすめていきたい。』と挨拶されました。

さらに、近畿ブロック商工会議所青年部連合会会長予定者飯田寛光君より『来年度、近畿ブロックの会長になるにあたり、近畿として何をするべきかを考えていきたい。そのために各単会を訪問し、各単会の意見も聞いていきたい。』と挨拶がありました。
また、臨時理事総会に先立ち、午後4時よりビジネス研修会として株式会社本家さぬきや 代表取締役 平野譲氏による『成長のためのしくみづくり~愚かな経営者が会社をつぶす』というテーマでの講演がありました。
また臨時理事総会後の懇親会では、松竹芸能のワイルドピッチ・チューインガム・小森園 洋志・カメレオン・橋本 小雪・中野倉庫ら6組によるアトラクションもあり、次年度に向けてメンバー相互の交流が図られました。

 

 

 

平成20年度 第5回常任理事会

9月25日18時より本町のハートンホールにて平成20年度第5回常任理事会が開催されました。協議事項は、ビジネス研修会の講師の件で本家さぬきや社長平野譲氏に決定。
ボウリング大会・大忘年会は、昨年と同様に千日前ファミリーボウルと味園で行うことで確認。府青連の規約改正では、第9条に各単会が12月末までに常任理事を推薦することを追加、新たに次年度役員選任規程を定める件の了承。
審議事項は、臨時総会・懇親会の件、日本YEG出向者に飯田、宇野、藤原君が選ばれる件が上程されました。
日本YEG報告は、林直前会長から、近畿ブロック橋本大会の登録が、1000人を超え、大浦ブロック代表理事が喜こんでいたことが報告され、日本YEG井谷委員長が行う大津全国大会のビジネス交流会に皆で参加しようと言われました。

2008-0930-06 2008-0930-07